2013年05月24日

インドとパキスタンを結ぶコカコーラ社のキャンペーン

過去の独立戦争後、お互いに緊張関係にあるインドとパキスタン。
そんな中、コカコーラ社のあるキャンペーンが話題になっているようです。

そのキャンペーンは、
スモールワールド・マシーンという機械を両国に一台ずつ設置をして、
インドの人とパキスタンの人が互いに協力し合うとコカコーラが貰えるというキャンペーン。



この映像が凄く感動的なんですよ。

一緒にハートを描いたり、ピースの形を作ったり、踊ったり。
両国の人たちの笑顔や驚きの表情や、昔からの友人のような立ち振る舞い。
音楽も凄く素敵で、幸せ、喜び、期待、希望みたいなものが詰まってます。

見たら幸せな気持ちになります、きっと。


CGに頼らなくても強い意志があれば感動させられるんだよな…。
俺もこんな映像をいつか絶対に作りたいです。

posted by TEPPEN at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動映像

2006年11月11日

ayuda para el cancer

優しい気持ちになれる映像です。
こんな瞬間を本当に大切にしたいです。

どこか一箇所でもリアリティーに欠ければ、
本当に伝えたいことは何も伝わらない。
40秒ちょっとでこれだけのメッセージを伝えられるって凄いです。


posted by TEPPEN at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動映像

2006年05月05日

Friends - Rödhårig

スペインの「friends」という団体?

いじめはなくなら無いかもしれない。
でも痛みを分かってくれる人がいれば救われる。
美しい金髪の少年の優しさと、
最後の笑顔を見るとそんな気持ちになります。

少し切ないけど大切なものをもらった気がします。

posted by TEPPEN at 04:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動映像

2006年04月01日

公共広告機構 CM 『黒い絵

"心に浮かんだことを、そのまま書けばいいんだからね"

初めてこの映像を見たとき何か心をえぐられた感覚でした。
この映像は確かに極端かもしれないけど、
いつの間にか型にはまった考え方をしてしまっているなぁと。

気がつくと当たり障りのない映像、
それを作るのが当たり前になっりそうなときもあったり。
アーティストとデザイナーの違いなのかもしれないけど、
枠にとらわれないサプライズは凄く大切だと、改めて感じさせられました。

子供のどんな小さな発想も大切にしてあげねば。

posted by TEPPEN at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動映像

宝くじ

どこで拾ったかも忘れてしまった映像。
でも凄くこの映像が好きなんです。
愛情ってこういうことなんだなって考えさせられる。

作った側の思惑に完全にはまったかもしれないけど、
この映像には沢山のメッセージが込められている。

takarakuji.jpg
takarakuji.wmv
著作権等問題ありましたらお知らせ下さい。
posted by TEPPEN at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 感動映像
過去ログ